未経験からゲーム業界へ転職するには

未経験からゲーム業界へ転職したいあなたへ。当サイトでは未経験からゲーム業界で働く方法、求人の探し方など、お役立ち情報を掲載しています。

未経験からゲーム業界へ転職。有利になる資格は?

資格を取得して転職を有利に!

ゲーム業界へ転職するには特別必要な資格はありません。ただ、未経験からの転職の場合は有利に転職を行うためにも資格を取得する事を検討してもらいたいと思います。

ゲーム業界に関する資格も多くあり、資格を取得していればスキルがあるという事を証明する事ができるので資格は転職の武器にする事ができるんですね。

資格なしから転職するのと資格を取得してから転職をするのでは採用をもらえる確率も変わってきます。もちろん資格があった方が採用をもらえる可能性は高いので現在、未経験からゲーム業界へ転職をお考えの方は資格を取得することも頭に入れながら転職活動を行って頂きたいと思います。

基本情報技術者試験

プログラマーの登竜門と言われている資格が基本情報技術者試験になります。

この資格を取得する事でプログラマーの基本的なスキルを見に付けているという事を証明する事ができます。

もし、基本情報技術者試験の取得が難しいようであれば、ワンランクしたのITパスポート、J検の資格から取得すると良いでしょう。

基本情報技術者試験はゲーム業界だけではなく、IT業界全般で役立つ資格ですので取得して損をする事はない資格になります。

TOEIC・英検

ゲーム業界のお仕事に英語のスキルは関係ないのでは?と思われるかもしれませんが、ゲームを開発する時に英語が多く使用されるんですね。

また、海外の最新情報やテクノロジーはすべて英語で入ってくるので英語を理解していないとその意味が全く分からなくなってしまいます。

企業によっては英語スキルがある人材を重宝している場合も多く、英語スキルが高ければ大きな武器にする事ができますよ。

その他の資格

ゲーム業界ではプログラマー以外にも他の職種の方も活躍しています。

クリエイターやプランナー、シナリオライター、デザイナー、というような職種もゲーム業界で活躍しています。

プログラマー以外でゲーム業界への転職を目指すのであれば、クリエイターに関する資格や経営、マーケティングに関する資格、デザインに関する資格は有利になりますね。

資格を取得しやすい環境が整っている

今では、資格取得を支援してくれる機関も多くあり、ゲーム業界に関する資格も取得しやすい環境が整っています。

中には数か月で取得できる資格や通信でも資格できる取得があるので、資格取得を目指しながら転職活動をしている方も多くいるんですね。

上記でも述べましたが、資格を取得する事でスキルがあるという事を証明する事ができるので求人に応募する際にも志望動機や自己PRで資格があるという事を積極的にアピールしていきましょう。

そうする事で未経験からでも採用をもらえる可能性を高くする事ができますよ。

資格は取得して損をする事はなにもありませんので資格を取得できる時に取得する事をおすすめします。