未経験からゲーム業界へ転職するには

未経験からゲーム業界へ転職したいあなたへ。当サイトでは未経験からゲーム業界で働く方法、求人の探し方など、お役立ち情報を掲載しています。

ゲームプログラマーと年齢

ゲームプログラマーの『35歳定年説』は本当?

現在、ニーズが高いお仕事のひとつにゲーム業界のお仕事があります。

求人でも多くのゲームプログラマーの求人を見る事ができます。未経験を歓迎している求人も数多く見る事ができるのでゲーム業界への転職は有利に行う事ができますね。

ただ、ゲームプログラマーには『35歳定年説』とう説があるんですね。年齢と共に能力・体力が衰えてしまいプログラマーとして働くには35歳が限界。という変な噂話があります。

こうした話を聞いてしまうと、

「将来的な事を考えるとどうなのか?」
「40代になるとどうなるのか?」
「安定して働けないのでは?」

というような不安が生まれ、ゲーム業界への転職を辞めようと思っていまいますよね。

しかし、これはただの噂話にしかすぎません。

30代後半になってもゲーム業界の第一線で活躍している方は多くいます。新しい技術が誕生しても、自分から積極的にスキルを身に付ける事ができれば30代後半、40代になってもゲーム業界で活躍する事は十分に可能です。

また、今では労働環境を整えている企業も増えてきています。以前までですとゲーム業界は残業して当たりまえ、休日出勤も頻繁にある、という状況でしたが今は違います。

現場で働くスタッフが働きやすい環境作りに力をいれている企業も増えてきており、体力的な負担も以前と比べて軽くなっています。

ですので、ゲームプログラマーの限界が35歳という話は今はあまり聞かなくなっています。

年齢に見合ったキャリアアップも可能!

また、30代後半や40代になるとそれなりのスキル、実績、キャリア、も身に付いてきます。現場で働くプログラマーからディレクターやプロデューサー、幹部職へキャリアアップをする事も可能です。他にも自分で会社を立ち上げる事も不可能ではありません。

他の業界と同じで年齢に見合ったキャリアアップをする事もできるのでゲーム業界でも長期に渡って働き続ける事ができますよ。

ゲーム業界の求人を専門的に扱っている求人サイトに掲載されている求人に目を通してみると、幹部職の求人も見つける事ができるので転職をしてキャリアアップをする事も可能です。

おすすめのゲーム業界専門求人サイトとしてご紹介したいのが、ギークリーという求人サイトです。

ギークリに掲載されている求人に目を通してみると、ゲームプロデューサーやゲームディレクター、幹部職の求人を見つける事ができるのでキャリアアップを希望されている方にはおすすめできる求人サイトになりますよ。

他の求人サイトでは公開されていない非公開求人も豊富に扱っているので有利に求人探しを行なっていく事ができるでしょう。

また、転職をサポートしてくれる専任コンサルタントにもキャリアプランについて相談する事ができるので自分一人で転職を行うよりも断然、有利に転職を行う事ができます。

⇒ギークリー 公式サイトはこちら!

上記でもの述べましたがゲームプログラマー35歳定年説はまったくの噂話です。自分次第では30代後半、40代になってもゲーム業界で活躍する事は十分に可能ですよ。