未経験からゲーム業界へ転職するには

未経験からゲーム業界へ転職したいあなたへ。当サイトでは未経験からゲーム業界で働く方法、求人の探し方など、お役立ち情報を掲載しています。

ゲーム開発でよく使われる開発言語

ゲーム開発で使われる開発言語って?

プラグラミング言語は「低水準言語」と「高水準言語」に分けられますが、ゲームプログラミングは高水準言語が用いられることが多いようです。

具体的には以下のような言語ですね。

・C言語
・C++
・C#
・Java

PCゲームならC++、C#が使用されることが多く、コンシューマーの場合はC言語、C++になるでしょうか。ソーシャルゲームの場合はJavaが使用されるケースが多いようです。

未経験からゲームプログラマーを目指しながら、全ての開発言語を習得することは難しいので、まずは独学でJavaに取り組んでみてはいかがでしょうか?

Javaは開発環境を無料で用意できますし、C++と似た言語なので発展性も望めます。

プログラミングの専門学校でも、最初にJavaを教える機会が多いそうですし、独学でも書籍を購入してスキルを身に付ければ、開発会社へ応募する際の履歴書内で自己PRできると思います。

就活で最もアピール出来るのは、自作ゲームを開発することですね。

アプリ開発、スマホゲーム会社へ就職を考えているのであれば、実際にスマホゲームを開発して公開してみる、ダウンロード数の多い人気ゲームを開発した実績があれば、ポートフォリオとして履歴書に添付することで、未経験でも中途採用される確率が高くなります。

もちろん市場公開できるゲームを開発するのは難しいですし、人気ゲームとなれば尚更ですが、そのくらい情熱を持ってゲーム開発に取り組む姿勢も大切です。

「ゲームで遊ぶ以上にゲーム開発が好き」という情熱を持ち、スキルを磨くことで、開発会社への就職も自然に見えてくることでしょう。

まずはゲーム開発で良く使われる開発言語を押さえた上で、実際に学んでみて下さいね。同時にプログラマー求人に強い人材紹介会社・転職求人サイトに登録して、仕事探しも始めてみて下さい。

未経験でも履歴書・職務経歴書を応募できるプログラマー求人はありますし、何社も受け続けることで、少しずつ中途採用が近付いてくると思います。