未経験からゲーム業界へ転職するには

未経験からゲーム業界へ転職したいあなたへ。当サイトでは未経験からゲーム業界で働く方法、求人の探し方など、お役立ち情報を掲載しています。

スマホアプリ開発 未経験からの転職

未経験からスマホアプリ開発への転職は可能なのか?

未経験からスマホアプリ開発への転職ですが、求人サイトでも多数募集されていますね。

他の業界では「未経験=スキルゼロ」でも応募可能なケースがありますが、スマホアプリ開発の場合、ある程度の開発経験が求められることが多いようです。

実際にスマホアプリを開発してダウンロード数が多ければ、そのまま履歴書の自己PR欄に記載できますし、公開した経験がない場合でも、専門学校や独学、趣味でプログラミングを学んでいればプラス材料になるでしょう。

求人項目に『未経験者歓迎』と記載されていても、経験豊富なプログラマーが同時に応募してきた場合、そちらが優先的に採用されることもあります。

その辺りは会社の方針によって変わる部分ですね。未経験者の方が経験が無い分、育てやすいと考えている会社もありますし、逆に即戦力を求めている場合は、少しでも他のスマホアプリ開発会社で働いた経験がある人材を優先的に採用するでしょう。

未経験から就活している方で多いのは、自分が遊んだアプリを開発している会社へ履歴書を送るケースです。

その時ちょうど求人募集が出ていれば…という条件付きではありますが、「どうしてもあの会社に入りたい!」「自分が好きなゲームアプリを開発した会社で試してみたい!」、そのように考える方が多いですし、ごく自然な感情とも言えます。

私も小さい頃に遊んだ家庭用ゲームを開発した会社に入りたかったですし、そのゲームの続編に携わりたい、もっと面白いゲームのアイディアがあるのに…と漠然と夢を見ていました。

しかし会社で働くと言うことは、決して良いことばかりでは無いんですよね。ゲームプレイと開発は異なりますし、ゲームが好きだからと言って、あなたにプログラミングの才能があるかどうかは分かりません。

スマホアプリ開発会社への就職を第一に考えましょう

仮に憧れのスマホアプリ開発会社に入社できたとしても、入社前に思い描いていた仕事内容と違った、こんなはずじゃなかった…と思い悩むこともあるでしょう。

それに、スマホアプリ開発への思いが強ければ、まずはスキルを磨き、キャリアを重ねることを優先的に考えるのが筋ではないでしょうか。特に未経験から転職を考える場合、どのような形でも良いのでゲーム開発に関わることが第一歩になりますね。

アプリ開発に向いているかどうかは、実際にプログラミングを行うと分かります。結局私はプログラミング書籍を購入しても内容が分からず、プログラマーを諦めましたが…あなたには適性があるかもしれませんし、積極的に行動して下さいね。

尚、スマホアプリ開発の業界は社長を初め、正社員も年齢的に若いことが多く、中には『平均年齢26歳』といったように求人項目に記載していることもあります。その場合は30代以降の就職は難しいかもしれませんが、20代なら未経験でも充分に採用される可能性がありますね。

プログラマー求人、エンジニア募集に強い人材紹介サービスを利用することで、未経験でも応募できる求人案件が探しやすくなりますので、ぜひ積極的に活用すると良いでしょう。