未経験からゲーム業界へ転職するには

未経験からゲーム業界へ転職したいあなたへ。当サイトでは未経験からゲーム業界で働く方法、求人の探し方など、お役立ち情報を掲載しています。

ソーシャルゲーム会社 求人

ソーシャルゲーム会社へ就職するには?

ソーシャルゲームって面白いですよね。

私もパズドラやポコパンのようなLINEのゲームに嵌まりましたし、モンスターストライクなどに嵌まってる人も多いと思います。

ソーシャルゲームで遊ぶ内に「自分も作る側に回りたい!」と思うのは自然かもしれません。私も年齢的に20代なら、プログラミングスキルを身に付けてソーシャルゲーム会社に履歴書を送っていましたし、小さな頃の夢はシナリオライターでした。

当時ドラゴンクエストが大ブームで、あのような世界観に憧れて、ゲーム開発に携わりたいと思っていたんですよね。その夢は叶えられませんでしたが、様々な職業を経験した後、今は好きな仕事に就いています。

なので、「ソーシャルゲームが好きだから開発会社で働きたい」というお気持ちは良く分かります。

もちろん、好きなことを仕事にしても壁にぶつかりますし、いつまでも好きな気持ちを維持するのは難しいです。それでも元々興味ある業界の仕事・役割なら、障害を乗り越えやすいんですよね。

そして情熱を持って取り組みやすいです。

では、ソーシャルゲームの求人募集は見つけやすいのでしょうか?

結論から申し上げると、様々なソーシャルゲーム会社が求人を出しています。経験者向けのプランナー求人もあれば、3DCGデザイナー、グラフィックデザイナー、サーバーエンジニア、そしてプログラマー求人など様々な募集が見られますね。

その中には未経験可の求人案件も含まれます。未経験でも情熱があれば歓迎、年齢不問と記されている求人がありますので、まずは積極的にソーシャルゲーム会社の求人探しを行ってみて下さい

後悔しないために積極的に就活しましょう

未経験可、年齢不問の募集でも、同時に経験豊富な20代が履歴書・職務経歴書を応募してくれば、そちらが中途採用される可能性は高いです。

しかし企業が望む条件を満たす経験者が応募してくるとは限りませんし、中には未経験者の方が「まっさら」な分、育成しやすいと考えている会社もあるんですよね。

その辺りはソーシャルゲーム会社の採用方針、教育方針によっても異なりますので、就職活動という目に見える行動を続けることが大切です。

未経験からの転職活動には、思い通りにならないことも多いと思います。そしてゲーム業界への就職をあきらめ、元の世界へ戻っていく方もいることでしょう。

それはそれで自由ですが、5年後、10年後に振り返って後悔しそうなら、中途採用されるための努力を続けてみて下さい。

スキルが満たない場合は、独学でプログラミングを覚えてソーシャルゲームを自作しても良いでしょう、そのゲームがスマッシュヒットすれば、ソーシャルゲーム会社にとっても魅力的な人材になりますし、就職も容易なのではないでしょうか。

まずはエンジニア求人、プログラマー求人に強い求人サイトを利用して情報収集してみて下さいね。インターネットから簡単に無料登録できますし、現在募集されているソーシャルゲーム会社の求人案件も知ることが出来ますよ。