未経験からゲーム業界へ転職するには

未経験からゲーム業界へ転職したいあなたへ。当サイトでは未経験からゲーム業界で働く方法、求人の探し方など、お役立ち情報を掲載しています。

30代 未経験からゲーム業界へ転職できる?

30代、未経験からゲーム業界への転職

30代、未経験からゲーム業界への転職は可能なのでしょうか?

先に結論からお伝えすると、会社の規模を選ばなければ転職の可能性はあるようです。

しかし20代未経験の就職・転職と異なり、やはりハードルは高くなるんですよね。

プログラマーには35歳定年説がありますし、30代には今までのスキルと経験を活かして、リーダー的なポジションが期待されます。

ゲーム業界は残業も多く、プロジェクトの期限が近くなれば徹夜も珍しくないと言われています。そのため、体力的に30代や40代よりも、10代後半~20代の方が向いている面がありますね。

それでもゲーム会社の規模を選ばなければ、30代未経験でも転職の可能性があります。特にソーシャルゲーム、スマートフォンアプリ、オンラインゲームを開発している会社は入りやすいかもしれません。

その分、入社後に経営が傾くリスクもありますが、ゲーム開発に関われば未経験者ではなくなりますので、その後の転職も容易なのではないでしょうか。

ゲーム業界の求人を専門的に扱っている人材紹介会社『ギークリー』では様々なゲーム企業の求人を見る事ができ、ソーシャルゲーム、スマートフォンアプリ、オンラインゲームを開発している企業の求人を数多く見つける事ができます。

他にも未経験者を積極的に歓迎している求人や研修制度を設けている企業の求人も見る事ができるので、30代からゲーム業界への転職を目指している方にとっては頼もしい存在になってくれますよ。

お仕事探しをサポートしてくれる専任コンサルタントもいるのでギークリーは有利に転職を決めたいという方の心強い味方になってくれます。

⇒ギークリー 公式サイトはこちら!

ただし未経験30代から転職するには、ゲーム開発への興味だけでは難しいと思います。スクリプト系やC言語を身に付けていたり、自作ゲームの開発実績が欲しいところです。

アプリ開発の経験があり、多数ダウンロードされた実績があれば、ソーシャル系ゲーム会社の評価も高くなるのではないでしょうか。

実績を作りながら転職活動を行いましょう

「ゲームが好き」という志望動機だけでは新卒、第二新卒と変わりませんので、自作ゲームを開発したり、プログラミングを習得しながら仕事探しを行うと良いでしょう。

そのような実績が全くない場合は、今から実績を作る努力を行いながら、積極的にゲーム開発会社への転職活動を行うと良いですね。

プログラミングを学んだり、自作ゲームにトライしながら転職活動を続けるだけでも、採用担当者に良い印象を与えると思いますし、インプット(学び)だけでなく、アウトプット(転職活動)を行うことが大切になります。

ゲーム業界の経験がなくても、他の職業経験があれば、それを絡めた志望動機を作ることも出来ますよね。

たとえば飲食業、積極業の経験があれば、コミュニケーション力をアピールすることで出来ますし、ゲーム制作の現場でも意思疎通が大切になりますので、転職の武器になると思います。

あとは面談型の人材紹介サービスに登録することで、30代未経験対象の求人があれば紹介してもらえますので、まずは紹介サービスへの無料登録から初めて頂ければと思います。